らーめん がば丸 千葉・四街道 ※閉店

青空から真夏の陽射しが街角に注いでいた、そんな残暑が続く8月も下旬となって来た火曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、陽が暮れるとそこは幾分また穏やかな午後8時近くだった。時に津田沼にある我馬らーめんと同じ読み方をするこちらがかなり以前から気になっていて、千葉が勤務先と言うことで今夜こそとなって仕事帰り立ち寄ることにした。




そんなわけで四街道駅からそう遠くない、その店頭へやって来た。2006年11月に四街道紅丸跡地に出来たこちらのよう。店先には、ばくだんチャーシューなる案内があって、いきなり入る前から気になるしかなかった。

ともあれさっそく入店すればたまたま先客のいないフロアだった。厨房に店長さんらしき方と、フロアにはアルバイトのお姉さんがおられた。後続客が続いて、俄かに活気づく店内。

メニューから正油らーめんとミニねぎ豚めしのセットメニューをオーダーしつつ、ばくだんチャーシューの概要をアルバイトのお姉さんに確認してからそれを100g300円でお願いすることにした。

ちなみにその上は、200g600円・300g900円と続いていた。こちらも麺が細麺と太麺を選べるそうで、そこはもちろんやはり太麺でお願いした。

店頭には裏我馬らーめんの時のように5周年大盛無料とあったが、オーダーした内容を冷静に分析してあえてそれには触れないでいた。さり気なく津田沼の我馬らーめんと姉妹店かお聞きして見ると、どうやらそのようだった。

ふと見るとこちらにも林家製麺の麺箱がさり気なく置いてあった。壁にはニンニクチップと黒マー油が入った悪我馬らーめんなるメニューのビジュアルインフォがあった。程なく到着。

ばくだんチャーシューは、別皿でラーメンとは別にやって来た。なるほど肉の塊のチャーシューで、爆弾だけに手榴弾と形容したくなるイメージのものと言えた。

それではとラーメンから行かせて貰えば、背脂ミンチが浮くカツオ風味で好きな味わい。醤油の酸味が気持ち立っている風な豚骨醤油スープだ。

そこにやや太めの麺はなかなかの持ち味があって素敵で、ばくだんチャーシューもガブりつくと肉汁が溢れ出るもので美味しかった。

ミニねぎ豚めしもなかなかで、気がつけば完食。いや、とても素敵で美味しいオーダー品だった。


(左フォト) 正油らーめん/ばくだんチャーシュー/店舗外観 (2012.08.21)


 らーめん がば丸

 住所:千葉県四街道市四街道1-4-8  TEL043-424-7099

 定休日:無休  営業時間:11:30〜15:00/17:00〜翌2:00(1:30LO)

 アクセス:JR総武本線四街道駅北口下車。ロータリー奥の通りを左手へ100m程行った右側にあり。



  2012.06.01 JR四街道駅からそう遠くないこちら。   2012.06.01 ミニねぎ豚めし