中国料理 福真楼 千葉・登戸





昨日からの雨が今日も1日降り続くようで久々スーツの上着に袖を通して出掛けた、秋らしい静かな雨がそぼ降る10月後半の木曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、それほど気温は下がらなかった日ながら、陽が暮れても降り止まない雨に上着を羽織って正解の午後7時過ぎだった。

また昨日と同じ駅前シリーズとなっても何と言うことで、風も無く降る雨も小雨ならば千葉駅から少し歩く場所へ行くかとなった。目指したのは実はこちらで無くて、麺力屋と言うラーメン店だった。

しかしその店頭に到着すれば、なんと店主の本業の都合で長期休業中らしく、その旨の案内が店先に張り出されていた。再開時期は未定だそう。

それならば致し方ない。周辺にもう一店舗行こうと思っていたお店があったのでそちらへ行くかとUターンして歩くと、行きの時に見掛けたこちらの前で思わず立ち止まった。

末尾に楼が付く店舗なんて最近では横浜辺りでしか見掛けないよなとよく見れば、なかなか風情のある店先に今夜はこちらにするかとなった。

そんなわけでさっそく入店すると常連さんらしき方が数人がおられて、そこそこ盛況なフロアが広がるこちらだった。

テーブル席の椅子の背もたれがやたら高いチャイニーズ風の雰囲気がなかなかいい店内だ。そんなテーブル席の一席に着席。

店頭に当店おすすめとして国産のブランド鶏を利用しているらしい鳥の細切りタンメンも気になったが、結局メニューリストからラーメンとチャーハンがセットになった提供メニューをオーダー。

外の雨は落ち着くどころか、やや雨脚が強くなって風も出て来た。通り過ぎるクルマの水しぶきを跳ばす音が、幾重にも小さく響いて聞こえて来る店内。

ちなみにメニューリストには新メニューとして、コラーゲンがたっぷりらしい「明太子とじゃこの麺スパ」なるものもあった。時間帯によっては出前にも対応しているこちらのようだ。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、食べ始めはそう何も感じることはなかったが、食べ進める程になんとも言えない味わい深さを感じるラーメン。

ほのかに八角が感じられた。モヤシの食感が、やはりいいもの。メンマがまた渋い美味しさ。さりげなく美味しい、そんな中華そばと言えた。

チャーハンにも手をつければ、これまた実に素敵なこれぞ老舗中国料理店の炒飯で、レンゲを口に運ぶ速度が次第に増して行くのが自分で判った。

全てがさりげなく美味しいもので、気がつけば完食。近くに老練そうな店主がおられたので、思わず話しかけて世間話しに花が咲いた店内だった。

こちらは昭和24年創業の築地福新楼の流れを汲む、赤坂にあった支店で修行していた店主だそう。なお福新楼は、博多や京都にもあるそう。

暖簾分けを許されて福新楼の「新」をご自分の名前の「真」にすげ替え、47年前に現在より千葉駅寄りの交番の近くで開業したこちらだそう。その後現在の地に少し移動して現在に至っているらしい。

すると昭和40年創業となるこちらのようで、当時店の前は一方通行だったそうで、ビルと呼べる建物なんて全く無かった界隈だったらしい。

なお帰宅してから築地福新楼について興味を持ってネットで調べると、残念ながら三年前に六十年の歴史に幕を下ろしていた。

いや、なるほど素敵な味わいが良かった、そんなこちらのラーメンと炒飯だった。

(左フォト) ラーメン/セット炒飯/店頭外観 (2012.10.18)


 中国料理 福真楼 (フクシンロウ)

 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-17-12 TEL043-247-4065  定休日:日曜日

 店舗営業時間:11:00〜22:00  出前対応時間:11:00〜14:00/17:00〜21:00

 アクセス:JR千葉駅東口下車。千葉街道の国道14号に出て登戸交差点方面に向かって行き、通り
       沿いの登戸小学校入口交差点の直ぐ傍にあり。徒歩およそ10分。京成千葉線新千葉駅
       から行くと近い。