生そば 大新庵 千葉・船橋



青空から穏やかな陽射しが注いでいた冷え込みに慣れて来た感ある、年の瀬近くの十二月師走クリスマスイブのそんな休日火曜日だった。

本日は船橋市内で所用があり、それも正午前には終わって、船橋駅に出た頃には、ランチタイムのちょうどいい時間となった。

今日ばかりはクリスマスイブだけに、ラーメンよりもケーキとチキンが思い浮かぶしかなかった。周辺でそうした買い物をするには、船橋駅前は格好の場所。そんな中でこちらが少し歩けば営業しており、某サイト様の蕎麦屋のラーメンに絆されたのも手伝って、それならばと入店することにした。

と言うわけで、その店頭へ到着。さっそく入店すると、今日も盛況な店内が広がっていた。ふと見るとレトロな大きな振り子が付いた掛け時計が、今日も大新庵の歴史と言う名の時間を刻んでいた。

入り口に精算レジがあるこちらで、入店前に決めていた700円のチャーシューメンを予定通りオーダー。堅い切符の半券を受け取って、今回は入口寄り奥の座敷席手前のテーブル席へ腰を降ろした。

普段から私は喫煙しないがこちらは喫煙が自由なようで、数人が煙をくゆらせているものの天井がやや高い所為か、それほど影響を受けないフロアのこちらであった。

見上げた天井は木の温もりを感じて、とてもなかなか素敵だった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、朝打ち立てらしさ全開のしっとりした持ち味がたまらない自家製麺らしい中太麺に、鰹節の風味がさらりと効いた清湯醤油スープの風情がたまらないもの。

みそラーメンの時は一切入っていなかった、刻んだ海苔が風合いもよろしく実に相性良く多めに乗せられこれが良かった。

チャーシューを持ち上げるとロース部のような感じだったので堅いイメージで口にすると、嘘みたいに柔らかいものでこれがとても素晴らしかった。

蕎麦の大もりを頼むとかなりの量のこちららのようで、そんな大新庵らしくこのラーメンもまた良い盛り具合いながら、気がつけば完食。いや、かなりとんでもなく果てなくなかなかとても実に良かった。

(左フォト) チャーシューメン/店頭のショーケース (2013.12.24)


 生そば 大新庵

 住所:千葉県船橋市本町2-26-30  TEL047-371-3510

 定休日:水曜日  営業時間:11:00〜16:00

 アクセス:JR総武線船橋駅南口左寄りの道を進み、京成電鉄船橋駅を越え右カーブを進み、
       市立図書館がある本町通り商店街を右折して、少し歩いた左側、徒歩およそ5分。



船橋駅から五分ほど歩いた通り沿いにある。

見上げた天井は、木の温もりを感じて素敵だった。

半券は昔ながらの硬い券で店名まで入っていた。




蕎麦屋でラーメン。自宅周辺のそうしたラーメンを追うここ最近だが、そんな折り船橋駅周辺の老舗蕎麦屋でもラーメンを提供しているとして気になるところとなった。

本町通り商店街沿いで営業してる蕎麦屋で、しかもなんとみそラーメンがかなりいいらしい。蕎麦屋のラーメンは大抵は醤油味で、カレー味はたまに見掛けるが味噌らーめんはちょっとないと思う。

そんなわけで老舗蕎麦屋の味噌ラーメンも行くかとなって、一店目の蕎麦屋から駅に戻って京成電車にまた乗車して船橋で下車。

と言うわけで船橋駅からそう遠くない、そんなこちらへやって来た。さっそく入店すると、入口でお店の方が待ち受けていた。

前払い方式のこちらで、チケットをそこで買ってから椅子に座って到着を待つスタイル。あらかじめ味噌ラーメンと決めていただけに、まごつくことなくそのチケットを購入。

かなり古い大正浪漫さえ感じそうな、木製の壁掛け振り子時計が壁面に据え付けられていた。その下のテーブル席が空いていたので、そこに腰を下ろした。

その振り子時計に思わず創業がどれほどかさりげなくお店の方にお聞きして見ると、なんと100年以上だそうで現在店主は四代目となるのだそう。

すると開業は少なくとも明治末期であり、さすが老舗蕎麦屋と言うしかなかった。程なく到着。

このような味噌ラーメンのビジュアルと言うか、そこから感じられるオーラは初めて。なんとも唯一無二して、王道感さえも伝わって来るもの。

何がこれほどまでに、漲る風合いとして感じられるのだろうか。ともあれそれではと行かせて貰えば、実に素敵な持ち味がたまらないもの。

100年以上続く老舗繁盛そば店だけが持つ風情に打ちのめされる愉しさと言えば良いのか。どうにもたまらない風合いが、持つ箸の速度を加速させた。

炒められたモヤシにそこに絡む柔らかな肉も美味しく、中華麺も自家製だそうでその風合いも素敵で、最後の最後まで熱々で気がつけば完食。

いや、なかなかとても素敵で素晴らしく良かった、そんな老舗蕎麦屋の明治・大正の香りと言う名の時が流れる、秋の入口にちょうど合ったそんなみそラーメンだった。

(左フォト) みそラーメン/店頭外観 (2013.09.24)


本町一丁目スクランブルを右折して行った左側にあり。

大正浪漫溢れる木製の壁掛け振り子時計。

老舗蕎麦屋でラーメンのしかもミソ味があるこちら。