中華料理 大学 千葉・市川曽谷



夕方からヘアカットの予約を入れた関係から地元の気になっていた中華店を訪問した。そう言えばその周辺に時間があれば立ち寄って見たい別の中華店があった。

自宅周辺に在住するサイト訪問者から教えて頂いたお店で、ちょっとないその店名もあって気になっていた。それがこちらだった。そんなわけで自転車でさらにそこから住宅街を横切ってその周辺へやって来た。

駅から遠い住宅街の中にあるこちらだが、さらに数店舗の中華店がひしめく、知る人ぞ知る市川市内のいわゆる激戦区地帯だ。界隈には人気ベーカリーショップがあり、その駐車場から自家用車の出入りが絶えなかった。

そんなクルマをやり過ごして、こちらの店頭へ乗って来た自転車を停めた。さっそく入店すると、やや薄暗い店内だがそれが落ち着いた雰囲気を造作していた。人に勧められて来たことを告げて、その方からモヤシソバがいいと聞いたのでそれをオーダーした。

ちなみにこちらを教えて頂いた方は今も年に数回こちらを訪ねて、このモヤシソバ以外に塩味で野菜がたっぷりと入るらしい肉ソバも愉しむのだそうでそちらもオススメらしい。

同じ市内の須和田で昭和43年頃に創業したこちだそうで、曽谷に来てもう19年経つらしい。そうすると平成5年頃に移転して来たこちらのよう。JR松戸駅周辺にある「ラーメン大学」とは全くの無関係らしい。そちらは未訪問店だが、実はそれが一番に気なっていた私だった。

厨房には初代店主と女将さんに息子さんであろう2代目もおられた。初代店主のお名前が学だそうで、そこからこの店名となったらしい。程なく到着。

モヤシと肉を炒めて瀞みが利いた、熱々の具材がたっぷりと醤油ラーメンに掛けられてやって来た。それではと行かせて貰えば、なるほど豚骨鶏ガラの風情のいい醤油スープに先述の具材が程よく麺にからんで来てなかなかの美味しさ。

気がつけば完食だった。いや、こちらもまたとても素敵で美味しい昭和40年代系のノスラーだった。

(左フォト) モヤシソバ/店舗外観 (2012.07.06) ※ノスラー=ノスタルジックラーメン


 中華料理 大学 (ダイガク)

 住所:千葉県市川市曽谷5-15-8  TEL047-372-5588

 定休日:木曜日  営業時間:11:00〜14:30/17:00〜21:00

 アクセス:JR総武線市川駅北口下車。京成バス市41系統国分高校行きの方に乗車して終点一つ
       前の曽谷春雨橋バス停降車。進行方向へ80m程歩いた信号交差点十字路を越えて一つ
       目の右路地を入って250mほど歩いた左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP